西洋医学と東洋医学の保険診療 内科 漢方内科 心療内科 皮膚科 アレルギー科 つゆくさ医院

漢方薬の量と効果を感じるまでの期間

  • HOME »
  • 漢方薬の量と効果を感じるまでの期間

効果を感じるまでの期間

 
 当院では東洋医学の中でも、中医学と呼ばれる現在の中国で行なわれている医療を行なっているので、一般的な和漢(江戸時代から続いている日本独自の医学)に比べると漢方薬の種類や量は少し多くなります(実際の中国での薬より少ないです)。当院では保険診療を行なっているのでツムラなどのエキス剤と呼ばれる1袋2.5g程度の漢方薬を平均して約6袋(起床時2袋、昼2袋、夜2袋)ぐらいを一日で飲んでいただきます。最初は皆さん大変そうだと言いますが、1ヶ月もすれば大抵慣れます。
 
  漢方薬は効果が出るまで時間がかかる。という印象を持つ方が多いと思います。実際に多くの医師が漢方薬を実際の診療で使い始めるまではそう思っていますが、多くの場合は患者さんが、早ければその日や一週間程度で出ることも多くあります。もちろん、効果の発現はその症状や漢方薬の種類、あるいは、患者さんの生活改善の度合いによって様々です。例えば、風邪をひいたときの寒気や頭痛はすぐに取れますが、慢性的な冷えには食事の改善が不可欠なので大体2、3ヶ月から半年ぐらいの時間がかかります。また、陰虚(夜間尿やほてり、冷え、便秘)という症状に関しては更年期以前であれば比較的早く取れますが、70歳以上の方には半年以上の時間がかかったりもします。便秘に関しても様々な原因があるので、飲んだその日から解消される便秘もあれば、半年以上かかる便秘もありますが、腸の問題は漢方薬の得意分野でもあり、かつどんな治療にも欠かせない部分なので、ほとんどの便通障害は改善されて行きます。
 
 そういった治りやすい症状と治りにくい症状の差はありますが、当院に通院されている患者さんは、大体2ヶ月もあれば症状の改善を実感される方がほとんどです。ただし、病の多くは食事と生活に原因があります。ですから、効果が早く現れる方は、多くの場合が自分自身で生活を変えることのできる方です。逆に、薬に頼って生活を変えることのできない方は、どんなに薬を用いても良くはなりません。
 
 こう言ってしまうと自信を失われる方も多いかもしれません。例えば甘いものを食べなきゃ生きていけない!とか、お酒をやめなさい!とか。でもそれは心配いりません。漢方薬を飲んで症状が改善されることを体験すると、それによって生活上の問題点が明確になるので、自然とそういった食事や生活をしなくなって来るのです。当院では多くのチョコレート好きだった人達が、それほどチョコレートを食べたいと思わなくなって来たと数ヶ月後には言うようになっています。
 
 また、当院では医療そのものは対症療法でしかありえない。と考えています。よく根本治療と言われる漢方薬ですが、その真意は漢方薬は西洋薬と違い、効果のある処方から、その症状の原因となっている生活や食事を推定できることが多く、そういった食生活なども変化させることで初めて根本治療になるということです。ですから当院では、初診の時から患者さんに説明をして、いずれは漢方薬がなくても健康になれる力をつけていただきたいと考えて診療を行なっています。漢方薬がなくても健康を維持できるようになるまでは、人によって個人差はありますが、早い方で半年、平均的には1年半はかかります。この期間に関しては患者さんご自身の判断で予約を調整していただいてもらう方針です。その際は、ご予約のキャンセルの処理かご連絡だけいただければ幸いです。
 
 ある程度の生活改善が実現された後は、調子が悪くなった時だけご来院される患者さんも少なくありません。当院ではそういった患者さんにもご対応させていただいております。またそういった医療が理想でもあります。エキス製剤という医師がいなくても医療を行えるという新しい時代の医療を的確にご利用いただければと考えております。

 

contact@tsuyukusa.tokyo TEL 042-426-4838 原則予約制 開院日時は「ご予約」を参照ください。

PAGETOP
Copyright © つゆくさ医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.