マスクには、きっと「害」もたくさんあります。

むしろ「害」のほうが多いだろうと、僕は思っています。

それを他人に強要するつもりはありませんが、

あえてリスクを侵しても社会に訴えたいと思う理由は3つあります。

 

① マスクをすることの「害」について言及する人があまりにも少なすぎる。

② 予防効果がないとわかっていて、マスクをしている人の目的が、
  「他人の目を気にしている」という危険な理由の人がほとんどであるということ。

③ 人間の野性を失うと情報に支配されてしまうということ。(参照 「野性」と「情報」

 

 マスクをしている人を非難するつもりはありません。僕の家族ですら、人ごみや学校などでは、そこで反論するのも無駄なことなので、マスクをすることを僕は止めていません。

 僕自身は、職業的な使命感(医師として正しいと考えることを、世の中にメッセージとして発信していくこと。少なくとも自分の患者さんには正直に伝えること)もあり、マスクはせずに電車にも乗っています。大声でしゃべらなければ、飛沫を防ぐ意味すらマスクにはありません。先日、小池百合子さんから、善意で送られて来ましたダンボールいっぱいのマスクも、使う用途もないですし、都民のひとつのメッセージとして、その場で受け取りを辞退させていただきました。

 そうした僕の意向をご理解いただき、つゆくさ医院に足繁くご来院いただく1日50人の患者さんですら、診察室ではマスクをはずしてくれるものの、病院の外ではマスクをされています。それを非難するつもりはまったくないのですが、これから暑く、湿気の多い東京で生活する中で、このマスク問題は、健康上の大きな問題となることは間違いがないでしょう。だから、あくまで私見ではございますが、「正しいマスクのしかた」というものを今日は考えてみたいと思います。

 

 まず、現状として

 ① マスクの「予防効果がないこと」は世界中の最先端の科学技術者たちによって既に証明されており、WHO(世界保健期間)も半年前までは「症状のない人はしないほうがいい」という声明をだしていた。またその後、新たな科学的な証拠(俗称エビデンス)は出ていない。

 ② 現在マスクをしている人のほとんどは、予防効果がないことは分かっているけど、他人に移したくないからつけている。

 

 ということがります。それを踏まえたうえで、どうマスクをするのか。  

 

 まず、①と②から導かれる正しいマスクのしかたは、

 「鼻を出してマスクをする」

 ということです。

 

 一時期、マスクは鼻の部分の隙間からウイルスが入るからしっかり閉じようなんていう、肉眼レベルの話をする方がいましたが、ウイルスという次元は、肉眼レベルからは想像がつかないぐらい次元の違う話です。つまり、マスクで覆われている部分ですら、誤差はありますが、その穴の大きさはウイルスの1000倍以上の大きさがあります(飛沫はマスクの穴より大きいことがあります)。さらに、鼻の隙間を言い出したら、1万倍は優に超える大きな穴の話になるでしょう。つまり、鼻を覆うことはウイルスの大きさの話からすると微々たる差でしかありません。

 また、マスクによる「害」の一番大きな問題は、本来空気の通り道ではない、つまり免疫機構の未熟な口からの経路、「口呼吸」になってしまうことを誘発することです。このことは、1年以上前から繰り返しお伝えしています。  

 今、鼻炎のある子供たちの症状が目に見えて悪化しています。それは学校でずっと、子供たちにとって「害」である可能性が非常に高いマスクを、なんの根拠もないまま、義務的につけさせられることが原因です。子供たちの呼吸が、マスクによって口呼吸になってしまっているからです。長い時間口呼吸をしていると、肺の機能が落ちて、口呼吸の癖がつき、マスクをしていない時ですら口呼吸をつづけてしまうのです。

 飛沫を予防することに、マスクの着用が、感染拡大に対してどれだけの効果があるかについてですら、僕はとても懐疑的です。そうした僕の予見を、他者に強要することをしようとは思いません。ただ、自分の子供も通う学校では、子供たちにせめて鼻を出す正しいマスクの使用法を認めていただきたい。

 そこだけでも改善したい!

 そういう思いで、今日は文章を書いてみました。子供たちの呼吸を守りましょう。